Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Sponsored links
便利
よっちゃんの本棚
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
勝手ランキンかぐや姫の物語
 ★★★★★★★★★★★
星が一個多くなっちゃいました!
本ではありませんが、ジブリ映画のパンフレットです。
とても美しい一冊です。
映画もなんだか不思議な心に響く切なくも切なく飄々としたものでした。

解釈にもよるのでしょうが、かぐや姫の物語がこの世とあの世の話だと初めて知りました。
私の解釈ですみません。
かぐや姫は、今生きているすべての命の象徴で、私たちはきっとみんなこんなふうにして
生きているんだろうなと。
だからこそ、今を存分に生きなさいと言われているようでした。

水彩画のような映像は、アニメーションというより絵画の芸術作品のようでした。
本当に美しかったです。
そして、胸の奥のほうが切なさでいっぱいになります。

主題歌のいのちの記憶のメロディーと歌詞に更に切なさが増すとともに、


 いまのすべては  過去のすべて
 必ずまた会える  懐かしい場所で

 いまのすべては 未来の希望
 必ず憶えてる  いのちの記憶で
           (かぐや姫の物語・主題歌いのちの記憶より引用)


何故か、この言葉 それだけで救われる そんなふうに感じました。 



ぜひ、映画とともにこのパンフレットもご覧になってください。








  
posted by: よっちゃん | 勝手ランキン | 20:40 | - | - |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 20:40 | - | - |-